共同募金について

ありがとうメッセージ

助成を活用いただきました。

令和4年度 赤い羽根共同募金記念バッジデザイン入賞について

 近畿6府県(滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県)共同募金会は、10月1日からの共同募金運動で活用する記念バッジのデザインを合同で募集しました。

 その結果、98点の応募作品の中から、選考委員会の審査により、赤い羽根賞(採用作品)1点、愛ちゃん賞5点、希望くん賞20点を決定しました。

 記念バッジのデザインには、大阪府の自営業の方の作品が選ばれ、奈良県からは愛ちゃん賞1名、希望くん賞3名の方々のデザインが選ばれました。

 

 令和4年7月20日、平群町立平群中学校において、希望くん賞に入賞された木藤(きとう)晴(はる)さん(中学1年生。応募時は平群町立平群北小学校6年生)に、近畿6府県共同募金会からの図書カードを贈呈しました。

 受賞された木藤さんからは、「赤い羽根共同募金に協力したことがあり、北っ子運営委員会(平群北小学校)のメンバーでバッジデザインに応募しました。少しでも、困った人を助けることにつながれば嬉しいです」と感想を述べられました。

 

平群町立平群北小学校では児童による北っ子運営委員会の活動の一環として、毎年、全校で共同募金運動にご協力いただいています。

 過去にもバッジデザインに応募していただいており、今回は木藤さんを含む5名の児童の皆さんから応募がありました。

 子どもたちも、赤い羽根共同募金運動の力になりたいと頑張っています。

 

写真 図書カードの贈呈

平群町立平群中学校 1年生 木藤 晴さん(右)

奈良県共同募金会 常務理事 金剛 真紀 (左)

 

 

木藤さん受賞作品

赤い羽根を両手で大切に包み込む、あたたかな気持ちが表現されています。

 

 

 

 

 

次のページへ